イクラ・筋子の旬

生筋子が出回るのは、9~11月です

イクラと筋子の違い

イクラも筋子も、サケあるいはマスの卵です。その状態によって呼び方が変わります。
イクラは成熟し、卵膜がしっかりとした卵です。一方、筋子は未成熟の卵です。

サケは、産卵のために北太平洋のカムチャツカ辺りから南へ下ってきます。北海道では、8月後半から9月初めにかけて秋鮭漁が解禁となります。解禁となった当初は、卵は未熟で、粒が小さく皮も弱いので、主に筋子として流通されます。
産地によって成熟時期に差がありますが、10月くらいになると卵が成熟してきて、イクラに適した状態になります。

「イクラ」はロシア語?

ロシアでは、サケやマスに限らず、キャビアもタラコも魚卵製品すべて「ikura(イクラ)と呼びます。サケの卵は、ロシアでは「赤いイクラ」と呼ばれ、「黒いイクラ」はキャビアのことです。
もともと日本には、「筋子」「イクラ」というように、2種類を区別する名称はありませんでした。あるとき、ロシア人が粒状にバラしたサケの卵を「イクラ」と呼んでいるのを聞いた日本人が、これを「イクラ」と呼ぶものと思ったことに由来するとされ、実際、筋子と区別するのに都合がよかったために、「イクラ」と呼ばれるようになったといわれています。
ロシア式のサケの卵の食べ方が日本に伝わったのは大正時代で、樺太庁水産試験場が、ロシアから伝えられた製法で、保存のきく塩蔵品を試験的に製造したのがはじまりです。

イクラや筋子に名前?

スーパーなどで、筋子に「マス子」「チャム子」などの名前がついているのを目にしたことはありませんか? 
これは、卵をとった親の魚種に由来しています。 「マス子」はカラフトマス(ピンクサーモン)、「チャム子」は白サケ、「ベニ子」は紅サケの筋子という意味です。
イクラに加工すると、「ベニイクラ」のように「子」を「イクラ」に換えます。

イクラ・筋子の主な栄養成分

ビタミンがたっぷり

粘膜を強化するビタミンA、抗酸化で老化を予防するビタミンE、代謝を助けるビタミンB群、カルシウムの吸収を促すビタミンDが含まれています。

貧血予防に

貧血に効くビタミンB12と葉酸が多く含まれています。

おいしいイクラ・筋子の選び方

粒の大きさが揃っていてツヤがあり、一粒一粒がしっかりとハリのあるものを選びましょう。粒がいびつだったり、崩れているものは避けましょう。

イクラ・筋子の下ごしらえ&保存のポイント

筋子の冷凍保存

1本ずつラップで包み、冷凍保存用袋に入れて冷凍庫で保存します。
1ヶ月を目安に、解凍してお召し上がり下さい。
解凍後は2~3日で食べきりましょう。(保存期間:1か月)