かりんの旬

かりんの旬は、10~11月です

中国が原産

バラ科の落葉樹になる果実で、古くから薬用として用いられていたようです。日本でも全国で栽培され、平安時代には、中国と同様に鑑賞や薬用などに利用されていたようです。庭園樹としても人気があります。

生では食べられない

かりんは果物といっても、非常に硬い上、渋くて生では食べられません。香りを楽しんだり、薬用成分を利用したりしています。

かりんの果実は香りがいい

かりんの最大の特徴は、独特の芳しい香りです。のど飴やかりん酒など、薬効成分と共に、この香りを活かした加工に使われています。果肉は薄い黄色から橙黄色で、とても固く、中心部に縦に5本の空洞があり、その中に無数の種が入っています。

長野県がトップの収穫量

かりんの生産量のトップは長野県で、全国の約3分の1を作っています。次いで山形県、香川県となっています。

かりんの主な栄養成分

咳止め、痰、ぜんそくに

咳止め、痰、ぜんそくに効果があるといわれる、アミグダバリンという薬用成分を含んでいます。

不溶性食物繊維

ジャムなどにすることで、豊富な食物繊維がたっぷりと摂ることができます。特に、不溶性の食物繊維が多いので、便秘の予防や改善に効果があるほか、有害な物質を吸着し体外に排出するのを助ける働きもあるといわれています。

おいしいかりんの選び方

全体が鮮やかな黄色に染まり、実がふっくらとして重みのあるものがよいでしょう。
すぐに使用するなら、果皮にツヤがあり、よい香りのするものがおすすめです。
果皮が黄緑色のものは未熟なので追熟する必要があります。
また、果実に小さな穴が開いていたり、傷がついているものは避けたほうがいいでしょう。

かりんの保存のポイント

冷暗所保存

かりんは、冷蔵庫に入れなくても、新聞紙などにくるんで冷暗所に置いておけばいいでしょう。
まだ完全に熟していない場合は、追熟させなければなりません。
全体がムラなく綺麗な黄色に染まり、香りがしっかりとたってくるまで置いておきましょう。

かりんの調理のポイント

かりん酒

加熱したり、酒に浸けこんでエキス分をとるようにします。

ジャム

煮出してシロップにし、ソースに仕上げたり、グラニテやシャーベットにもします。