キビナゴの旬

キビナゴの旬は、12~2月と、産卵期の5~6月の2回です

日本には本州中部以南で漁獲

キビナゴ(黍女子、黍魚子)は、インド洋と西太平洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布する小魚で、日本には本州中部以南で漁獲されています。細長くスリムな魚体で、体側に幅広い銀白色の帯が走っているのが特徴です。成魚は全長10cm程で、漁獲される地方によって「ハマゴ」や「キミナゴ」「カナギ」など色々な呼び名が見られます。

キビナゴの水揚げ地

各地の市場に出荷しているのは鹿児島・熊本・長崎・宮崎・大分・愛媛・高知・和歌山・三重・静岡となっています。

波のしずくか宝石か

銀白色の帯をキラキラ輝かせながら、海面すれすれを泳ぐキビナゴの大群は実に美しく、その姿は「波のしずく」とか「海の宝石」と最大級の讃辞を贈られています。

昔は、肥料やえさに

美しい姿のキビナゴは性格は神経質で臆病で、群れの上を影が横切っただけでも驚いて逃げていってしまうほどです。マイワシやカタクチイワシと同様、食物連鎖の最下層に位置するキビナゴは両者のように多獲性魚ではありませんが、春先に多く獲れることから昔は肥料にしたり、カツオの一本釣り用の生餌や養殖ブリの飼料として利用されてきました。

キビナゴの主な栄養成分

骨を丈夫にするカルシウム

特にカルシウム、ビタミンDが多く含まれているので、骨ごと食べることで、カルシウムをたくさん摂れます。また、骨の生成に欠かせないリンも沢山ふくんでおり、それらの吸収を助ける働きがあるビタミンDも豊富です。カルシウムは他にも精神を安定させる働きもあり、イライラの解消に役立ちます。

貧血予防に

鉄分を多く含んでいます。貧血気味の方にはおすすめです

おいしいキビナゴの選び方

身に張りがあるもので、うろこがキラキラと光って、鮮やかなもの、目が澄んではっきりしたもの、体色が鮮やかなものを選びましょう。

キビナゴの下ごしらえ&保存のポイント

指先で手開きする刺身

キビナゴの身はとても柔らかく、イワシと同じように指先だけで手開きすることが出来ます。頭を落とし、開いて骨を取り除いたものを円形に広げた刺身は九州の名物にもなっています。食べる際はイワシと同じと考えれば良いでしょう。ショウガ醤油や大葉などで青魚の臭みを抑えます。また鹿児島の郷土料理では酢味噌で食べる事で知られています。

キビナゴの調理のポイント

揚げ物

キビナゴをワタも出さず丸ごと衣を付けてから揚げや天ぷらにして食べます。骨も柔らかく、とても美味しいです。もちろん、揚げたものを南蛮漬けやエスカベッシュにしても美味しいです。

煮付け

キビナゴを酒、みりん、砂糖、醤油で煮付けても美味しいです。軽く煮てもおいしいですが、甘辛く甘露煮のようにしても良いでしょう。

卵とじ

キビナゴの卵とじも美味しいです。臭みが気になる場合は、一度唐揚げか素揚げしたものを使うと臭みが消えます。

キビナゴのしゃぶしゃぶ

沸騰したお湯でしゃぶしゃぶして、ポン酢でいただきます。火を通しすぎないように気をつけましょう。

きびなごの塩干し

脂ののったきびなごを干物にすると美味しいです。
きびなごの塩干しはトースターでそのまま焼くだけでも硬くならず、ふっくらとした食感を楽しむことが出来ます。
少し焦げ目がついてきたら食べ頃で、頭や尾の部分も一緒に食べることが出来ます。
お好みでマヨネーズや辛子などの薬味を添えると一層美味しく召し上がれます。