真鯛(マダイ)の旬

マダイの旬は3月〜4月です

真鯛(マダイ)の旬は、産卵期で異なります。マダイ、キダイは春で、チダイは秋であり、その頃接岸する。旬は産卵期直前の桜の季節と言われ、この頃のタイを”桜鯛”と言って珍重します。 ただし、1月か2月の厳寒期のほうが美味しいという人もいるようです。

タイとつく名前の魚は多い

日本ではタイと名のついた魚が非常に多く、数だけでも200種もあります。しかし、本来の魚類学上でタイとは、マダイ、チダイ、キダイを指しています。その他のものは、外見が似ていたり、色合いが似ていたりで付けられたといわれています。

海外では肥料にも

日本中どこでも珍重される真鯛(マダイ)は、日本以外では信じられないような下魚として扱われることが多く、中国では死者の肉を食う魚として忌み嫌う風習があったようです。また、アメリカでは食用魚でなく肥料にされたりもしています。

タイの大きさ

キダイはレンコ、チダイはハナダイとも呼ばれ、マダイより小さく、せいぜい30cm前後です。マダイは大きいものになると全長1mほどにもなります。

天然ものの味わい

近年養殖ものの方が多く出回っていますが、味の好みは分かれるようです。養殖ものは脂が乗っていますが、天然ものは身が締まっていてコクがあるように感じます。

全国の岩礁地帯にいる

明石の鯛、その他、瀬戸内海各地がおいしい鯛の産地として有名です。ちなみに、関東近海の鯛の方が姿は美しいともいわれています。天然ものでは愛知県、長崎県、福岡県などが漁獲量ではトップクラスです。一方、養殖ものはそこに三重県が加わります。

真鯛(マダイ)の主な栄養成分

旨み成分がたっぷり

旨み成分のグルタミン酸、イノシン酸といったアミノ酸が多く含まれています。

良質なたんぱく質

脂質が少なくタンパク質を多く含んで、消化吸収が良いので、高齢者や離乳食にもいいでしょう

真鯛(マダイ)の調理のポイント

一晩寝かせる

絞めて間もないものは、引き締まった身のコリコリした食感を楽しむ分にはいいのですが、旨みを引き出すためには、一晩くらい寝かせたほうがいいでしょう。

さまざまな料理に

刺身はもちろん、昆布じめ、椀だね、煮物、焼き物、蒸し物、鍋物、酢の物など和洋中問わず、多彩な料理に使えます。

繊細に調理を

本来の味に癖がない分、いろいろな味付けに使えるのですが、繊細な滋味を殺さない程度の味加減が大切です。また、焼き過ぎたり、調理後時間がたつと脂分が少ないためにパサ付いたまずいものになってしまいます。