水菜の旬

水菜は冬が旬です

ハウス栽培などが進み、ほぼ通年市場にはありますが、本来は冬から早春の野菜です。

京都の伝統野菜

寒さに比較的強い性質から、特に野菜が不足しがちな冬場に収穫できるということもあり、古くから関西では親しまれてきた野菜のひとつです。葉の形からヒイラギナ(柊菜)とか、細い葉柄が千本(沢山)伸びることからセンスジナ(千筋菜)とも、また、京都で古くから作られてきたことからキョウナ(京菜)と呼ばれてもいます。葉がひいらぎのようにギザギザしているのが水菜、ぎざぎざがないのが壬生菜です。

はりはり鍋は、関西の冬の風物詩

京都を中心に関西で栽培された在来種は茎に張りがあり、食べた時に少しピリッと感じられるのですが、全国で売られているものは茎が柔らかく、生でも美味しく食べられるように改良されたもので、辛味はほとんど感じられません。水菜は京都に冬の到来を告げる野菜として古くから親しまれ、鍋や漬物に使われてきましたが、近頃は、サラダや付け合せ、炒め物などとしても使われるようになりました。

水菜の主な栄養成分

ビタミンCがたっぷり

風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

水菜はカロチンが豊富

緑黄色野菜らしく、豊富にβ-カロチンを含んでいます。抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

骨の健康維持に

水菜はカリウムやカルシウムを多く含むので、骨の健康維持に効果があります。

マグネシウムや鉄、リンなどのミネラルも

水菜は色は淡いけれど、立派な緑黄色野菜。ビタミン類だけでなく、丈夫な骨づくりに大切なカルシウムや赤血球の成分として全身に酸素をはこぶサポートをする鉄を含む。

おいしい水菜の選び方

水菜や壬生菜は緑色が鮮やかで、色が濃い物を選びましょう。古くなるにつれ、色があせ、黄色みを帯びてきます。また、水菜は古くからの栽培方法のものと、サラダにも使えるように柔らかくなるように育てられた物があります。用途によって使い分けましょう。

ミズナ(水菜)とミブナ(壬生菜)の下ごしらえ&保存のポイント

冷蔵保存

一番良いのは、濡れた新聞紙などでくるんで袋に入れて冷蔵庫に入れておくことです。乾燥を防ぐように袋には入れて冷蔵庫に入れましょう。寝かせておくと上に伸びようという植物所以の働きで茎が曲がりやすく、それが出来ないため傷みも早くなります。根元の部分にキッチンペーパーなどを巻いておくと良いでしょう。

冷凍保存

ザク切りした水菜は冷凍保存することもできますが、シャキシャキ感はおちますので、冷凍したものはスープや鍋物などに使いましょう。

水菜の調理のポイント

漬け物やお浸しに

水菜は浅漬けなど漬け物にして、細かく刻んでごはんと食べると美味しくいただけます。お浸しも定番料理です。

鍋の野菜として

京都、大阪で知られる「はりはり鍋」はクジラ肉と水菜を使った鍋料理です。家庭で様々な鍋をする場合も水菜を入れると美味しい。クセが無いので鶏肉や豚肉、魚貝などとも合わせやすいです。

煮物に

水菜と油あげの煮物などは、おばんざいとしても関西では親しまれています。

炒め物に

水菜は野菜炒めに加えても彩が綺麗です。さっと茹でてニンニクを効かせたバターやオリーブオイルをからめ、肉料理や魚料理の付け合わせなどにも適しています。

サラダとして

水菜を生のまま、食べやすい長さに切ってサラダにも。大根と合わせてたり、生春巻きの具としても巻きやすく、食べた時の食感も良い。