茄子(なす)の旬

茄子の旬は6~9月です

ハウス栽培で一年中手に入りますが、本来は代表的な夏野菜です。

インドが原産

日本には奈良時代に入ってきたといわれています。当時は「なすび」と呼ばれ、その名残が今でも地域によって残っています。原産地周辺の東南アジアでは日本とは違い、白や緑色のものが一般的なので、英語ではEggplant(たまご植物)と呼ばれるようになったようです。日本の茄子の木は、茎も茄子と同じような濃い紫色をしていて、薄い紫の花を咲かせます。

茄子(なす)の品種

一般によく出回っているものには、「卵型」のものや、それよりやや面長の「長卵型なす」です。大きい「米なす」や、丸型の「賀茂ナス」などがよく知られています。非常に長い「長なす」やさらに長い「大長なす」、色の白いなすなどもあります。

茄子(なす)の主な産地

茄子の収穫は高知が最も多く、次いで熊本、福岡となっています。関東では群馬や茨城、栃木などがたくさん作っています。

茄子(なす)の主な栄養成分

強い抗酸化力

紫紺色はナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種、アントシアン系の色素で、強い抗酸化力があり、ガンや生活習慣病のもとになる活性酸素を抑える力が強く、また、コレステロールの吸収を抑える作用もあるそうです。

身体を冷やす

「秋ナスは嫁に食わすな」という事を云いますが、秋ナスが嫁に食わすには勿体ない位美味しいからという説の他に、茄子には身体を冷やす効果があるから、嫁の身体を思えばこそ冷やさないように食べさせるなという説もあるそうです。実際に茄子には身体を冷やす働きがあるといわれています。

おいしい茄子(なす)の選び方

張りがあり、表面につやがあるものを選びましょう。ヘタの部分の棘が、しっかりと立っている物、触ると痛いような物が新鮮です。ずっしりと重みを感じるものを選びます。軽い物は中がスカスカしていて美味しくないです。

茄子(なす)の下ごしらえ&保存のポイント

常温保存

ビニール袋か新聞紙に包んで、風通しの良い冷暗所で常温保存します。(保存期間:2~3日程度)

冷蔵保存

水分が飛ばないように1個ずつラップで包んで、冷蔵庫で保存します。冷やし過ぎはよくないので、できれば野菜室に入れてください。保存適正温度は10℃前後で、冷やしすぎると低温障害が起こることがあります。(保存期間:1週間程度)

冷凍保存

5mm程度の薄切りにして、フリーザーバッグ等に入れて冷凍庫で保存します。使いたいときは、凍ったままフライパンや鍋に入れて、調理します。(保存期間:1~2か月)

茄子(なす)の調理のポイント

アク抜き

水ナスなど、一部を除いて、一般的な茄子にはアクがあるので、新鮮なものでも生では食べられません。また、切った後は黒く変色するので、真水又は塩水に浸け、アク抜きをします。切り口に塩をすり込み、しばらくおいて、アクと共に水分を絞る方法もあります。

油の吸いすぎに注意

煮物などにする場合も、一度高温でさっと揚げてからのほうが旨みが出るうえ、色の変化やナスニンの流失も抑えられます。

焼きもの

焼きナスやグラタン、ナスの田楽、鉄板焼きなどがあります。

炒め物

野菜炒めや麻婆茄子の他、バターやオリーブオイルでさっと炒めるだけでも美味しいです。

煮物

茄子のトマト煮やカポナータ(ラダトゥイユ)など。味噌汁の具にも、カレーにもいいです。

揚げ物

天ぷらをはじめ、油との相性がとてもいい野菜なので、色々な揚げ物にも使います。

漬け物 

皮に含まれるアントシアンは、アルミニウムや鉄と反応すると色が鮮やかになります。それを利用して、漬物には釘を入れたりします。