海苔の旬

海苔の旬は11月から3月です

一年中市場に出回っていますが、海苔の摘み取りが始まる11月から3月頃までが旬です。 この時期の海苔は「新海苔」と呼ばれ、やわらかくてより香り高いのが特徴です。

年間約一億枚の海苔を生産

食用とする海藻をすいて、紙状に乾燥させ、おにぎりや巻き寿司、ふりかけなどに使います。パリパリとした食感と海藻の風味が特徴で、日本の太平洋側・瀬戸内地方・九州地方で養殖され、年間約一億枚もの海苔が生産されています。

海苔は「海の牛肉」

豊富なたんぱく質を含むほか、ビタミン、ミネラル、食物繊維、EPAなど様々な栄養を持ち、海藻の中では最も栄養バランスが優れています。アミノ酸による独特の旨味がありカロリーも低いので、生活習慣病の予防など、日々の健康のためにも積極的に食事に取り入れたい食品のひとつです。

日本最古の法律にも定められた

海苔の歴史は古く、日本にまだ海苔という言葉の無かった時代から食されていました。当時、海苔は非常に高級な食品で一般庶民の手に届かない上流貴族のごちそうで、 鎌倉時代に入り日本の食文化が精進料理中心になると、次第に庶民の食卓にも海苔が登場するようになります。

品川巻

江戸時代の品川沖は、江戸前海苔(品川海苔)の産地で、煎餅に海苔を巻いた、海苔巻き煎餅は「品川巻」と呼ばれ名物になりました。

大きさと単位

海苔の基本サイズは、縦21cm×横19cm、1枚の平均重量は約3gで、生産額などはこの枚数であらわされます。10枚が1単位で、10枚束ねたものを1帖と数えます。

海苔の主な栄養成分

ビタミン類が豊富

ビタミンC、ビタミンE、などのビタミンが豊富で、β-カロテンを多く含くむことから免疫力向上、疲労回復や美容に効果があるといわれています。美肌作りに欠かせないビタミンCが、海苔には、みかんに含まれる5~6倍の量が含まれているといわれています。

ヨウ素をはじめ、鉄、カルシウムも

マグネシウムやミネラル、食物繊維も豊富に含まれています。他にも不飽和脂肪酸のEPAやタウリンの働きにより、生活習慣病の予防にも効果があるといわれています。

生活習慣病の予防・改善効果

青魚に豊富に含まれる必須脂肪酸のEPAや、カキに含まれるタウリンが豊富です。EPAには血液をサラサラにする働きがあり、血栓症の予防に効果が期待され、EPAやタウリンには善玉(HDL)コレステロールを増やし、悪玉(LDL)コレステロールを減らす働きがあるといわれています。

海苔に含まれるビタミンC

熱に強く、焼いても壊れないのが特徴です。

おいしい海苔の選び方

厚みがあり、黒褐色で光沢のあるものを選びます。ところどころ穴が開いて透けたものは避け、すき方が丁寧で香りの良いものがおいしい海苔です。

保存の際はしっかりと密閉し、冷蔵庫で保管します。しけてしまった場合には佃煮として利用できます。

海苔の下ごしらえ&保存のポイント

海苔は、湿気ると変色し風味が落ちるので、冷暗所で外気にふれないように保存します。

冷凍保存

外からの湿気を遮断するため、密封容器(タッパやビニール袋)に入れ、冷凍保存します。風味が保たれ一年くらいは保存できます。 一度湿気てしまった海苔は元に戻す事ができないので、佃煮にして食べるのが良いでしょう。

海苔の調理のポイント

佃煮の作り方

ちぎった海苔に醤油と酒を4:1の割合で加え味付けし、煮詰めて作ることができます。

洋風

カナッペスタイルの海苔巻き、海苔とあさりの風味をいかしたパエリアなど、オーブンで焼くと海苔の風味がいっそう増します。

揚げ物

豚肉チーズロール揚げや磯の香りいっぱいの海苔あんをかけただんごなどのおつまみは、海苔とチーズの相性が抜群です。

のり揚げ切り干し大根天ぷら

海苔と切干大根の食感が楽しい1品です。

海苔とまぐろのミルフィーユ風

サッと焼いたまぐろの香ばしさとやまいものサクサク感が海苔に合います。