落花生(ピーナッツ)の旬

落花生の旬は、9月下旬~10月です

南米が原産の一年草

南米から東アジアを経由し、江戸時代、日本に持ち込まれたといわれています。サヤのままのものを落花生や南京豆と呼びます。

花が地に落ちて地中で実ができる

落花生は、花が咲いた後に地中に潜り、そのまま地中に実ができます。花が地面に落ちるようにして実を付けることから、落花生と名付けられたといわれています。

長期保存が可能

落花生は収穫後1週間ほど乾燥し、その後出荷されています。完全に乾燥させた種類は長期保存ができるため、常に、良品の落花生が市場に提供されています。

千葉県の特産品に指定

全国の約77%が千葉県で栽培されています。次に茨城県が多く、ほとんどの落花生をこの2県で生産しています。

おいしい落花生の選び方

サヤ付きの落花生は、サヤが綺麗な方がいいとは限りません。収穫したてのものは土が付いている場合も多いため、見た目だけでは判断するのが難しいでしょう。

落花生の下ごしらえ&保存のポイント

冷蔵保存

落花生には脂肪分が多いため、酸化しないように、密封容器などに入れ、冷蔵庫で保存します。なるべく早く食べるようにしましょう。

冷凍保存

サヤごと塩茹でし、剥き実にし、小分けで冷凍します。自然解凍か、電子レンジで解凍するといいでしょう。

落花生の調理のポイント

塩茹で

生の落花生をゆでる場合は、大き目の鍋に水を入れ、水の3%ほどの塩を加えて沸騰させ、サヤごと落花生を入れ、40~50分ほど茹でます。茹で上がったらザルにあげ、そのまま冷まします。おつまみとしてそのまま食べたり、サヤから取り出して、炊き込みご飯の具にしたり、煮物に入れても美味しいです。

サラダや合え物に

茹でてから、食べやすい大きさに刻んで、サラダや和え物に入れても美味しいです。

炒る

落花生は、生のままでは食べられないので、サヤのまま炒ったり、サヤからむいたものを炒めたり、サヤごと塩茹でするのがいいでしょう。

バター炒めや中華料理に

バターでシンプルに炒めたり、中華料理として、野菜などと炒めても味わい深く、食感まで楽しむことができます。