せりの旬

せりの旬は2月〜4月です

せりは夏に花をつける植物で、春先に柔らかい芽をグングン伸ばします。おいしいのはその若くて柔らかい茎葉の部分なので、せりの旬は2~4月です。正月の七草に入っていますが、実際にはその頃のせりはまだとても小さく、探すのにも苦労します。栽培が盛んなのは宮城県と茨城県で、この両県で全国の約6割を占めており、どちらも露地栽培が中心となっています。

日本全国の山野に自生

奈良時代にはすでに食用とされていた記録が、古事記、万葉集に残されています。水分の多い土壌を好み、沢や河川の水際などに繁殖しています。昔から栽培も行われており、水田の稲を刈った後や畔などにもたくさん生えています。1か所から競(せ)り合って生えていることから、せりと名が付いたとされています。

春の七草の一つ

春の七草の一つで、正月7日に七草を入れて炊いた七草粥を食べると、万病を防ぐと伝えられています。

せりの主な栄養成分

ビタミンCやミネラル、β-カロテンが豊富

せりの青々とした葉や茎には、ビタミンCやミネラル、β-カロテンが豊富に含まれています。β-カロテンは体内でビタミンAに変換され、活性酸素を抑え、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から身体を守るとともに、皮膚や粘膜の細胞を正常に保ち、免疫力を高める働きがあります。

食物繊維でお腹すっきり

せりには食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は腸の働きを整え、便通をよくし、コレステロールの排出や急激な血糖値の上昇を防ぐ働きもあります。

生薬としても知られています

せりの茎や葉を乾燥させたものを、生薬で水芹(すいきん)といいます。水芹を煎じて服用することで、食欲が増進し、解熱や神経痛、リューマチ、黄疸(おうだん)などに効果があるとされています。

独特な香りの効用

せり特有の芳香には、オイゲノ―ルなどの成分が含まれ、鎮静効果があるとされています。また、ピラジンと呼ばれる成分が血液凝固を防ぎ、血栓を予防したり、肝機能を強化するのに役立つとされています。

おいしいせりの選び方

茎はもちろん、葉先までシャキッとみずみずしく、鮮やかな緑色で、茎があまり太くないものを選びます。鮮度が落ちてくると、葉の色が黄色っぽくなってきます。茎がヘナヘナしているものは避けましょう。根がついたもののほうが日持ちします。

せりの下ごしらえ&保存のポイント

冷蔵保存

香りが薄れてくるので早めに食べ切りましょう。乾燥しないように、濡らした新聞紙などでくるみ、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。このとき、寝かせておくと、上に伸びようとして茎が曲がったり、傷みが早くなりますので、立てて保存しましょう。(保存期間:2~3日)

下茹でのポイント

せりは、さわやかな香りと歯ざわり、そして鮮やかな色が持ち味です。加熱する際は、火を通しすぎないように気をつけましょう。水に塩少々を加えて沸騰させ、根つきのまま10秒ほど茹でます。氷水にとり、冷たくなったらすぐに取り出して水けをしっかりと絞り、用途に合わせて切りそろえます。天然のせりはアクが強いので、茹であがったらすぐに氷水にとり、しばらく水にさらしてアクを抜いてください。