ししゃもの旬

『本ししゃも』は飴色で、旬は秋です

ししゃもは、漁獲量が少なく、漁期も10~11月に限定されているため、現在市場に出回っているほとんどが、川に遡上せず、一生を海で過ごす『カラフトシシャモ』です。『カラフトシシャモ』の旬は、晩春から初夏にかけてです。

アイヌの伝説の魚、柳葉魚(ししゃも)

食感を楽しめる魚として、ご飯のおかずやお酒の肴として人気のあるししゃもは、年々漁獲量が激減し、日本のししゃもである『本ししゃも』の占める割合は減り、カナダやノルウェーなどで獲れた『からふとししゃも』という冷凍品を生干ししたものになっています。

ししゃもの伝説

昔、凶作に苦しむアイヌの人たちが神様に食べ物をと祈ったところ、柳の葉が川に散って魚になった、その魚がまさしくししゃもで、漢字で「柳葉魚」と書くようになったといわれています。アイヌ語で、柳の“シュシュ”と葉の“ハム”を合わせた“シュシュハム”がなまって、ししゃもと呼ばれるようになったそうです。

ししゃもの主な栄養成分

体力向上、骨粗鬆症の予防

その他、精神安定作用、老化防止など、日本人に不足している栄養素の一つであるカルシウムを多く含んでいます。

ビタミンB2も多く含む

口内炎・肌荒れ・目の充血などの予防に効果があるといわれています。ビタミンEも多く含まれており、その強い抗酸化作用は血液をサラサラにし動脈硬化を予防するといわれています。

おいしいししゃもの選び方

腹は、卵をぷっくりと持った大型(15~20cm程)で、腹が割れていないものを、皮はヌルヌルしていないものを選びます。国産の本ししゃもは、ひれは、尻びれや腹びれが大きく丸く、皮は、あめ色(輸入物は青みを帯びている)のものを選びます。

ししゃもの下ごしらえ&保存のポイント

冷凍保存

冷凍品は解凍するとうまみが水分と一緒に流出してしまうので、そのまま焼きましょう。焼く前にお酒を振りかけると、さらにおいしくなります。

ししゃもの調理のポイント

焼く

さっとあぶる程度に焼くのがコツです。子持ちししゃもは、焼きすぎると卵がはじけてしまうので注意してください。

から揚げ

衣をつけて、から揚げも美味しいです。