スナップえんどうの旬

スナップえんどうの旬は3~6月です

さやえんどうのニューホープ

絹さやのシャキシャキ感とグリンピースの豆の甘みをいっしょに味わえるのがスナップエンドウ。アメリカでつくられた新しい品種で、豆が熟してもさやが固くならずやわらかいので、さやごと食べることができるのが特徴です。出回るようになったのは、1970年代以降と比較的新しい野菜ですが、その手軽さとおいしさから、サラダや炒め物などに人気です。

スナップエンドウ? それともスナックエンドウ??

スナップエンドウは、「スナックエンドウ」とも呼ばれています。日本に入ってきた当初、発売するメーカーによっては商品名を「スナックえんどう」とするところが出てきたため、いつの間にか「スナップ」と「スナック」が混在するようになってしまったのです。
昭和58年に農林水産省が統一名称を「スナップエンドウ」としたものの、「スナックエンドウ」という呼び方もまだ残っているというわけです。
確かにスナック菓子のようにポリポリ食べられますよね。

スナップエンドウの主な栄養成分

緑黄色野菜です

さやのまま食べるので、β-カロテンをたくさん摂れる野菜です。活性酸素を抑え、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から身体を守り、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ効果があります。

ミネラルたっぷり

カリウムをはじめ、ミネラルを豊富に含んでいます。カリウムの利尿作用が、むくみをとったり、余分な塩分を排出するので、高血圧の方にも効果が期待できます。

ビタミンもバランスよく

特にビタミンA、B1、B2、Cを豊富に含んでいます。

必須アミノ酸リジン

体の成長や修復にかかわる必須アミノ酸のリジンを含み、集中力を高めたり、カルシウムの吸収を促進したりする効果があります。

おいしいスナップエンドウの選び方

さやがふっくらとハリがあるものを選びましょう。さやのハリは実が詰まっている証拠。実がしっかり詰まっているほうが、豆の甘みが楽しめます。ガクはいきいきとしていて、鮮やかな緑色のものが新鮮です。

スナップエンドウの下ごしらえ&保存のポイント

冷蔵保存

乾燥に弱いので、軽く湿らせたキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。
(保存期間:1週間)

冷凍保存

すじを取ってかために塩ゆでし、水分をよくふき取ってからバットなどに並べて一気に凍らせます。保存容器などに移し、冷凍庫で保存します。(保存期間:1か月 )

下処理

さやごと食べるので、調理前にさやのすじを取ります。
ヘタの部分を折って片側のすじを取り、反対のおしり(花落ちといいます)の部分を折って、もう片側のすじを取ります。