ワカサギ(公魚)の旬

ワカサギの旬は冬です

極寒の中、氷の張った池や湖に出て、開いた穴から釣り糸を垂らして釣るワカサギ釣りは北海道や本州の山間部の湖の冬の風物詩となっています。

ウロコがない魚?!

ワカサギの仲間には、チカやイシカリワカサギ、キュウリウオ、シシャモなどがあります。全長は15cmほどで、身体は細長く、各ひれは小さく、背びれの後ろには小さなあぶらびれがあり、背びれは腹びれより少しだけ後ろについています。ウロコが体全体を覆っているためはがれやすく、流通段階ではウロコはほとんどなくなっています。

将軍へ献上されていた

わかさぎは漢字で「公魚」と書きますが、公魚と呼ばれる由縁は、江戸時代、霞ヶ浦の北にある麻生の藩主が、毎年、将軍家へ年賀に参上する時、串焼きににしたワカサギを献上したことに由来します。 将軍家御用達の魚「御公儀の魚」からきています。

全国で水揚げされている

太平洋岸では茨城県(霞ケ浦)以北、日本海岸では島根県(宍道湖)以北で、もともとは海産魚であったものが、陸封されて淡水性となり、今では淡水魚扱いです。適応力が強く、各地の湖沼に放流され、今では全国で水揚げされるようになりました。

冬の名物

氷の張りつめた湖面に穴を開けて釣り糸を垂らす、諏訪湖や山中湖などのワカサギ穴釣りは有名です。網漁で有名なのは、陸奥小川原湖の引網漁や宍道湖の投網漁などです。宍道湖や茨城の涸沼、八郎潟、三方湖、滋賀の琵琶湖などにも生息しています。

産卵期は春

北海道では春から初夏が産卵期です。産卵後は一年で死ぬものが多いのですが、2年も生きるものもいます。

ワカサギ(公魚)の主な栄養成分

骨を丈夫にし、イライラの解消に

通常丸ごと食べるので、カルシウムやリンをたくさん摂取することができます。

活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に

ビタミンAを含む数少ない魚のひとつです。

悪性貧血の予防や肩こりの解消に

ビタミンB12も多く、悪性貧血の予防や肩こりの解消にも良さそうです。

おいしいワカサギ(公魚)の選び方

死んでからの傷みが早いため、できる限り新鮮なものを選ぶようにしましょう。

ワカサギ(公魚)の保存のポイント

痛みやすいので、できるだけ早く調理しましょう。

ワカサギ(公魚)の調理のポイント

どんな料理にもアレンジOK

和洋問わず、天ぷらやフライなど、丸ごと揚げて食べることが多い魚です。
また、揚げたものをマリネや南蛮漬けにしても美味しいです。
その他、佃煮、甘露煮にもされます。

焼き物にしても美味

素焼きにして生姜醤油、塩焼き、タレをつけて焼いても美味しいです。