ブドウ品種「甲州」〜山梨県でつくられるワイン用のブドウについて

「ワイン」というと、私たちはついついヨーロッパを思い浮かべてしまいます。少し詳しい人ならば、チリなどを思い浮かべるかもしれませんが、いずれにせよ、「日本」とはあまり結びつかないのではないでしょうか。

しかし今回は、私たちの故郷である日本に焦点をあてます。そこで育まれているブドウのなかで、「甲州」について取り上げていきましょう。

甲州とはどのようなブドウか

甲州というブドウは、もともとの起源をヨーロッパに持ちます。しかしそれが日本に伝わってきたのは今から1000年以上も前のことだと言われており、非常に長い歴史を持っています。私たちが歴史の授業でよく見る、「シルクロード」をたどってきたものと言われており、国内で長く生産されるようになりました。
ちなみにこの甲州は、明治時代からすでにワインに使われてきたということですから、「ワイン」としての歴史も非常に長いと言えましょう。

「国内でどのようにして発見されたのか」ということに関しては、薬師如来が行基に夢で教えた、という説と、雨宮勘解由が発見した、という説があるそうです。

甲州は、はじめこそヨーロッパを起源としていましたが、現在は日本固有のブドウとなりました。特に山梨県で好んで育てられています。
これは、山梨県の風土によるところが大きいと考えられています。甲州は、実はそれほど強いブドウではありません。特に雨に対しては対抗力をあまり持ちえず、しかも日光を好みます。そのため、これらの条件に合う山梨県でよく育てられるようになったのです。

現在も山梨県のブドウ農家によって甲州は育てられています。これは、ワインとして利用できるだけでなく、「食べ物」「観賞用」としても使われています。かつては、「生食に使えないブドウをワインにする」という考え方もありましたが、今では「生食に適すレベルの甲州をワインに使う」という考え方も浸透していき、さらにおいしいワインができてきているのです。

澄んだ色合いを持つ白ワインもありますが、にごりを持たせたものもあります。外見的にも楽しめるのがよいですね。

甲州の特徴と、それを踏まえたワインの味

「日本のワインは甘いもの」――――このように思っている人も多いのではないでしょうか。これは当然間違いではありません。日本産のワインというのは、ワインを飲みなれていない日本人に飲みやすいような甘味をまとったものが多いという特徴があります。

しかし、もちろん商品によっても異なりますが、甲州でつくられるワインのなかには、このような「甘味」だけが前面に出てくるものではない商品もあります。

甲州ワインは、確かに甘味をまといます。しかしながらそのなかに爽やかさが感じられるつくりになっており、あまりべたつきません。また、柔らかくておしとやかな辛味を持つものもあり、日本酒のように深く厚みのある味わいを残すワインが出ています。後味に軽く酸味が残るため、想像以上に飲みやすく、また食事との相性も決して悪くはありません。
「日本のワインは、甘いだけ」。このように思っている人にこそ飲んでほしいものと言えるでしょう。

相性のよい料理は、ハード系のチーズがよいでしょう。ただし、わずかな柔らかさを残すものの方が食べやすいと思われます。トリュフゴーダとの相性が恐ろしくよいので、このためにトリュフゴーダを買い求めてもよいほどです。また、ベームスタークラッシックと合わせるのもよいでしょう。

メインとなる食材は、軽くおさめます。鶏肉の低温焼き、あるいは魚のカラアゲがおすすめです。
肉料理は少し厳しいかもしれません。