飲食店での「バンケット」とは?

バンケットとは「宴会」という意味の言葉。飲食店では宴会メニューのことを「バンケットメニュー」「バンケットプラン」といった表記をすることがある。ウエディング用語やホテル用語として使われることが多いが、飲食店でもバンケットという言葉を宴会に関係する意味で使用することが多い。

ホテルのような宴会が毎日行われている飲食店では宴会用のスタッフを用意し、「バンケットスタッフ」と呼ぶこともある。近年は規模の大きな飲食店だけではなく、小さいレストランや居酒屋などでも宴会メニューを用意している店が多い。

宴会メニューを用意するということは、新規の顧客を多く獲得できることに繋がる可能性がある。ただ単に目先の利益をアップさせるだけではなく、今後長く顧客となってくれる常連を獲得できるチャンスにもなる。これから飲食店を開業しようと検討している場合は、店のジャンルや取り扱うメニューによって宴会のメニューやコースを取り入れることを考えてみるのも1つの経営戦略となる。現在飲食店を経営していて現在宴会をしていないというオーナーも、顧客獲得のために限定的な宴会プランの実施等を検討してみるのもよいだろう。

どの飲食店でもこぞって宴会プランや宴会コースを用意しているため、その中で多くの人に予約を取ってもらうためには独自の工夫や努力が必要となる。例えば他の飲食店にはない変わったメニューの提供や、宴会の予約後のアフターフォローの充実、お得なプランにできるような仕入れに対する工夫などが挙げられる。宴会は必ず節目節目にニーズが高まるため、時期に合わせたプランを練っていくといいだろう。

こういった宴会プランを展開していく際にチラシなどの宣伝ツールにおいて「バンケット」という言葉を使うことは、宴会プランをオシャレに演出することに繋がる。バンケットには「ごちそう」といった意味もあることから、高級感を演出できるとも考えられている。

バンケットはただの「宴会」という意味で使われる以外にも、バンケットという言葉だけで「宴会場」という意味で使われることがある。例えば披露宴などを行っている会場では宴会場となる場所のことをバンケットと呼び、サイトなどで紹介していることも多い。ただし飲食店では「宴会場」という意味よりも「宴会」「ごちそう」といった意味で使われることが多い。宴会場のことは「バンケットホール」「バンケットルーム」と表記することもある。