飲食店のブラックバイトとは

ブラックバイトとは、正社員のような業務や態度、責任を求められるようなアルバイトのこと。主に学生のアルバイトに使われる言葉で、アルバイトの業務のために学生が学生らしい生活を送ることが出来なくなってしまう状態を指す。ネットで話題になることはもちろん、最近はテレビのニュースなどでもとりあげられて社会問題となっている。

アルバイトというのは企業の中でも立場が弱く、企業側が一方的にシフトを決めるケースもある。それにより部活や学校行事などに満足に参加できない・試験のための勉強をする時間が無いといった支障が出ればブラックバイトだと考えていいだろう。

近年はアルバイトに対して売り上げノルマを課し、達成できなければ商品を買い取らせたり、契約事項にない「遅刻で○○円罰金」「欠勤するなら代わりの人を見つけないと罰金」といった罰金制度を上司が独断で行うことがあり、「ブラックバイト」と呼ばれ大きな問題になっている。

飲食店ではスタッフに学生のアルバイトを雇う機会も多い。そのためか、ブラックバイトの代表とも言われてしまうことが多い。アルバイトスタッフにブラックバイトだと思われてしまえば、今の時代はSNSなどで悪評を流されるといった可能性もある。ブラックバイトと呼ばれないように気を付けるには、以下のような点に注意しておくといいだろう。

・契約事項にない決まりを勝手に作らない
・罰金制度やノルマはアルバイトには与えない
・本人の意思を無視したシフトを組まない
・労働基準法に基づいて6時間以上なら45分、8時間以上なら1時間の休憩を与える
・残業代はしっかり払う

基本的には労働基準法に基づいて、アルバイトに対してきちんとした対応をしていれば問題が生じることは無いだろう。しかしブラックバイト問題においては、この他にも「パワハラ・セクハラ」等の問題が関係することもある。パワハラやセクハラは大きな問題となっている一方で、「悪気が無いのにパワハラ扱いされた」「ちょっと触っただけなのにセクハラだと言われた」といったことが起きるケースもあるので注意が必要だ。問題が起きたときにどう対処するか、防止のために何ができるかといった点も考えておくことを推奨する。

飲食店でアルバイトを雇うことは、アルバイトスタッフとのコミュニケーションをきちんと行い、労働に関するルールをしっかりと把握してお互いに気持ちよく働ける職場を作っていくことが重要である。より良い店づくりを行うためにも、様々な工夫をして労働環境を整えていこう。