飲食店のブラックボードとは

飲食店の店頭に置く広告としてブラックボードは近年主流となっているアイテムの1つである。集客アップや売り上げアップにもつながるとしてカフェやレストランなどで多く使われている。

ブラックボードにはメニューやこだわり、おすすめの品などを記載する。店の前に置けば集客をアップさせることが可能。オシャレで目を引くデザインに仕上げればその効果はよりアップする。何度も書いて消すことが可能なので紙にメニューを書いたりするよりも経済的。バックが黒なので目立ちやすいというメリットもある。

一般的には木枠が付いており、店の前に設置するタイプのものが主流となる。中にはカードタイプになっていて商品の1つ1つのPOPを記入できるものや、店内に設置しておすすめメニューや日替わりメニューなどを記入できるようなタイプのものもある。自由に書いたり消したりできるため様々な用途で使われている。

ブラックボードには大きく分けるとチョークで記入する緑がかかった一般的な黒板タイプと、専用のペンで記入する黒色が強いボードの2種類がある。ホームセンターやネット通販でも購入することが可能で、中には塗ると黒板になる塗料などを使って自作するオーナーも居る。

チョークで記入するタイプは温かみがあり、カフェなどに向いている。しかし消えやすく書くのにコツがいるので注意しておこう。ペンで記入できるタイプは描きやすく擦れにくい。雨に濡れても落ちにくいというメリットがある。また、ペンの方がカラーが豊富なのでカラフルに仕上げたいときには適している。店の雰囲気やどこに設置するかによって使い分けるといいだろう。

ブラックボードに上手く広告を書くのが難しいという飲食店開業者も多いだろう。しかしネットにはいろいろなデザイン例が掲載されている。書き方を参考にしてオシャレで目を引くデザインに仕上げれば集客に大いに役立つだろう。

ブラックボードに活用するアイテムとして、ステンシルなども販売されている。自分で字を書くのが苦手だという場合はステンシルを活用すると活字に近い字を書くことも可能となる。写真などを貼り付けて飾っても良いだろう。ブラックボードを店の集客に役立てたいなら、オリジナルのデザインで人の目をひくブラックボードを仕上げるように心がけよう。

近年はLEDで光るタイプで夜の営業がメインの店に適したものなども販売されている。店に合わせた装飾でブラックボードを活用し、より良い店づくりを目指していこう。