飲食店にとって信用保証協会とは

信用保証協会とは、中小企業や個人事業主の事業資金の借入れを円滑に行えるようにするための特殊法人である。全国47都道府県と横浜市・川崎市・名古屋市・岐阜市の4市に存在し、地域ごとの中小企業金融のサポートを行っている。中小企業や個人事業主などは大手企業と比べ信用や担保が低いために事業資金の借入れが困難なケースがある。その場合、信用保証協会を利用することで融資額の拡大や、長期の借入れ等をすることができるようになる。

地域に合わせた制度が整っているため、各自治体との連携制度も多く見られ、地域ごとに特化した開業支援が得られる。政府出資の日本政策金融公庫と同様に、信用保証協会を利用することで低金利で融資が受けられる。

信用保証協会では、信用保証制度と呼ばれる制度が採用されている。これは、借入れがしづらい中小企業や個人事業主に対し、信用保証協会が公的保証人となることで金融機関の審査を通しやすくするものである。信用保証協会を利用すると、借入れを受けたのち返済が困難になった場合、信用保証協会が代理で返済を行うことになる。その後、信用保証協会に返済を行う。

申し込みには金融機関から紹介してもらう方法と、信用保証協会に直接申し込みを行う方法のふたつがある。金融機関を経由する場合には融資を希望する金融機関の窓口で信用保証の申し込み手続きを行う。金融機関が融資が適当であるかの判断をし、審査に通ったのち信用保証委託申込書・信用保証依頼書の提出がなされる。信用保証協会に直接申し込む場合には、都道府県や商工会議所等の窓口から申し込みを行う。申込書と必要書類をそろえたのち、金融機関で審査が行われる。事業にあった金融機関を紹介してくれることもある。