飲食店のインスタグラムとは

SNSが流行している中、近年特に広がりを見せているのがインスタグラム。若者を中心に流行しており、各企業も続々とアカウントを取得して情報を発信している。

インスタグラムは画像や動画がメインのSNS。ハッシュタグと呼ばれるタグ付けをすることで特定のワードに関連付けられた投稿をチェックすることができるといった特徴がある。これを活用して飲食店の広告を行っているところも多い。

飲食店のアカウントでは、美味しそうなメニューの写真をアップすることでフォロワーを増やし、集客につなげることが可能である。写真は画質の良いものをオシャレに撮影し、インスタグラム独自のフィルターなどを使って素敵に演出すればよりウケが良い。見た目の美しさや可愛さを魅力に感じて来店する顧客も非常に多い。

プロフィールページにURLを貼り付けたり、住所や電話番号、現在地などの情報を付けることができるので飲食店のHPに誘導したり、店の場所の情報などを設定しておくといいだろう。

インスタグラムで飲食店の情報を発信するだけではなく、キャンペーンに取り入れるという方法もある。例えば「インスタグラムを見た」といえば割引するというサービスも可能だ。

また、より多くの人にお店の情報を拡散してもらうためにハッシュタグを利用したキャンペーンを行っている飲食店もある。具体的には、店舗を訪れた顧客にアカウントをフォローしてもらい、お店で食べた料理の写真を店名のハッシュタグ付きで投稿してもらうというものだ。投稿してくれればその後割引が受けられたり、抽選で特典が得られるといったシステムにする。こうすることで多くの人が店名のハッシュタグをつけた写真を見ることになり、集客につなげることができる。

インスタグラムを使った飲食店の広告は、カフェやバー、スイーツやパンなど見た目がオシャレなメニューを提供している飲食店に向いている。顧客が若い年齢層が中心の場合や、女性が多いという場合は特に効果的なので活用してみるといいだろう。

Twitterやフェイスブックに加えてアカウントを企業や飲食店側が取ることが当たり前となりつつあるインスタグラム。これからも広がっていくことは間違いないため、まだ取り入れていないという場合はチェックしてみよう。アカウントの取得だけなら無料なので低価格で効果的な広告をするためにも役立つ。まずはアカウントを取得することから初めてみるといいだろう。