飲食店のライセンス販売とは

ライセンス販売とはフランチャイズに関わるビジネス用語である。通常のフランチャイズは一度契約すると本部が開業後も継続的にサポートをしてくれる。その分、ロイヤリティと呼ばれる手数料を本部に支払う仕組みとなっている。しかしこのライセンス販売は継続的なサポートをしない代わりに、ロイヤリティを請求しない仕組みのことを言う。特に飲食店のフランチャイズではよく行われている。

ライセンス販売では、フランチャイズ本部のブランド名やノウハウ、店舗のデザインやメニューレシピなどを提供する。しかし継続的なサポートはもちろん、食材の提供は行われない。フランチャイズ本部によって提供するサービスは異なるので確認しておこう。

継続的なサポートが受けられないと、経営の知識がない人やはじめて開業する人は不安に感じることも多いだろう。通常のフランチャイズでは経営に関するノウハウはもちろん、企業によっては経営に活用できる便利なツールやソフトの提供が行われていたり、担当スタッフからの助言を受けることができる。

店の名前やデザインなどの部分のみを買い取る形となるライセンス販売の大きなメリットは、コストが減らせるという点である。毎月フランチャイズ本部へ支払うロイヤリティが無い分、大きなコスト削減が可能となる。すでに経営に関するノウハウは教えられなくとも得ているという場合や、仕入れ等に関してサポートを受ける必要がない場合はライセンス販売を選ぶといいだろう。通常のフランチャイズ契約の場合よりも自由度が高くなるという点もメリットの1つと考えられている。

企業によっても異なるが、ライセンス販売の場合は最初にライセンスフィーと呼ばれるライセンス料金と保証金・研修費などが必要となる。ブランド名を使用するため、少額ではあるが数万ほど毎月商用使用料が必要となるケースもある。その他、ユニフォームや看板などの設備や備品に関する費用も必要となる。

ライセンス販売を選ぶ経営者は既にほかの店舗を経営しており、2店舗目でライセンス販売を選ぶというパターンが多い。また、数年フランチャイズ経営をしていく中で独自の経営方法や販路が確立できたためにサポートが不要となり、ライセンス販売での契約に切り替えるというパターンもよく見られる。

フランチャイズと比べると十分なサポートが受けられないという点もあるが、有名店のブランド力を得られる・自分では思いつかないメニューを提供できる・高い集客力を得られる…などのメリットも多い。飲食店の開業を志しているなら1つの選択肢として知っておくべきだろう。