飲食店のノベルティとは

ノベルティとは、自社のロゴなどを入れて作ったオリジナルグッズのことを指す。チラシやパンフレットなどの印刷物とは違い、ノベルティは実用的なアイテムにロゴやオリジナルのメッセージなどを入れたものを指すケースが多い。

飲食店の場合は、例えばタオルやティッシュなどに店のロゴを印刷し、キャンペーンの際に配って宣伝をするという目的で使われる。

その他にも、何周年かの記念イベントで顧客に配る記念品としてノベルティを作るなど特別なイベントに合わせてノベルティーを製作するケースも多い。飲食店の場合は顧客が帰る際に渡すお口直しのガムや飴などに店のロゴとメッセージを入れるというパターンも多い。ちょっとした工夫ではあるが、顧客の満足度が高くなることはもちろん、そのガムや飴を見た他の人が店に興味を持つ可能性もある。

このようにして様々なアイテムをノベルティとして活用することで、飲食店の販促活動をより効率よく、効果的に行うことができる。

ノベルティグッズは印刷業者などに注文するケースも多いが、近年はネットで簡単に様々なグッズにロゴを入れることができるサービスが増えている。インターネットが普及する前はノベルティグッズは大量注文しないと価格が高くなる傾向にもあったが、近年は少量でも安価で注文できる業者が増えている。そのため大規模の飲食店に限らず、小規模の個人で行っている飲食店でも非常に多くの店がオリジナルグッズとなるノベルティを製作している。

飲食店でのノベルティは、顧客に渡すものだけではなく、取引先などに渡すものもある。ペンなど飲食店とは関係のなさそうなアイテムも、取引先などに渡すと喜ばれることも多い。また、おしゃれなバーなどデザイン性の高い店のロゴを採用しているお店の場合は、ポーチなどのファッションアイテムをノベルティとして配ることもある。

このように、お店の雰囲気や方向性などに合わせて作るノベルティの種類は非常に様々である。飲食店だからと言って決まったものがあるわけではないので自由に選んで、どのようにすればよりお店の宣伝効果が得られるのかを考えてみよう。

ノベルティグッズの製作を取り扱う業者によって値段も取り扱っているアイテムも変わってくる。作ってみたいアイテムや、予算に合わせて色々な業者をチェックしておくといいだろう。沢山の業者があるので、まずはカタログを請求したり見積もりを取りつつ、検討してみるといいだろう。