飲食店のポップ(POP)とは

ポップとは広告の1つで販売促進のために使われる。POPと表記されることもある。キャッチコピーやイラストなどを手書きで書くか、印刷して作ったもので、小さいカード型になっているものが多い。大きめのサイズのポップもある。ポップは最も手軽で効果のある広告ともいわれている。主に小売店などでそれぞれの商品の宣伝を行う際に使われることが多い。

飲食店でもポップを効果的に活用することで売り上げアップにつなげることができる。新商品の宣伝ポップはもちろん、季節メニューの紹介など使用方法はさまざまである。

例えば店内にカラフルなポップを設置すると賑やかな雰囲気になり、お店の全体的な印象が良くなる。費用をかけて装飾をするよりも、手書きのポップを設置する方が効果があるケースもある。特に費用を掛けずに店の雰囲気を良くしたいと考えている飲食店オーナーは導入するべきだろう。

飲食店のポップでよく見られるのが、テーブルに設置するものである。喫茶店やレストランならオススメのデザート、居酒屋なら限定メニューやオススメのお酒などをポップに記載して設置する。こういった工夫をすることでもう1品の注文を増やすことができる。特に飲食店の場合は期間限定メニューや旬のものを使ったメニューなどを積極的に宣伝すると売り上げアップにつながることが多い。

ポップはただオススメのものを書くだけでは効果が出ない。デザインなどにもきちんとこだわることが必要になる。近年では飲食店用のポップのデザインテンプレートが用意されているサイトやソフト、本なども販売されている。

特別な技術が無くても簡単にパソコンを使えば写真付きのオシャレなポップを作成することも可能だ。店の雰囲気によっては手書きの方が良いケースもあるが、デザインが苦手な方はパソコンなどを使って作成するといいだろう。

ポップは書き方ひとつで売り上げが大きく左右されるとも言われている。店内に設置するポップ以外にも、飲食店の場合は店前に設置して店に興味を持ってもらうための集客ツールとして使用するポップがある。店前に設置するポップは、店の雰囲気に合ったデザインのポップを作り、目を引く宣伝コピーを記入して多くの人を惹きつけなければならない。これもキャッチコピーの例文の本やサイトなどを参考にしてより良いものを作っていくといいだろう。

低コストで効果の高い宣伝ツールとして使えるポップ。飲食店オーナーなら必ず取り入れるようにしておこう。