飲食店のPOSシステムとは

POSシステムとは一般的にポスシステムと呼ばれるレジにおけるシステムである。正式には「販売時点情報管理システム」と言われることが多い。

スーパーやコンビニ、ファミリーレストランやチェーン店などで導入されている場合が多い。レジを通して商品名や価格、数量や日時などの情報が自動的にまとめられる。どのような項目を収集するかはPOSシステムを管理する企業によって異なる。コンビニでは購入者の年齢や性別などもデータ収集している場合が多い。これらのPOSシステムで収集した情報をもとにどの商品がいつどのくらい売れたか、どんな人に売れたかといったデータをまとめて、より売り上げがアップするための企業計画に活用される。

上記のように大手企業が複数店舗のデータをまとめるためにPOSシステムが導入されたレジを使用することも多いが、近年は1店舗から数店舗だけでもPOSシステムを導入したレジを活用している場合も多い。

飲食店用のPOSシステムを導入したレジには注文時にホールスタッフが「ハンディ」と呼ばれる機器に入力したデータを厨房スタッフに瞬時に送信したり、商品を提供したかどうか、リアルタイムでの売り上げ確認、伝票の作成なども行えるものがある。飲食店用に開発されたものはネットを介して様々なデータ分析を行ったり、業務に役立つ機能が追加されている場合が多く、機能が非常に充実している。このような機器を利用することで飲食店オーナーの業務を円滑に進めることが可能となる。

近年はタブレットやスマホなどで操作できるタイプも増えている。このようなシステムの機器を取り入れることスタッフの人数が少なくても多くの顧客の情報を把握したりよりスムーズな商品提供や質の良いサービス提供ができる。

料金システムは企業によっても大きく変わるが、一般的には機器を購入後、使用料が月額料金として請求される場合が多い。飲食店の場合はスーパーのような大きなレジ機器を購入するのではなく、操作はすべてタブレットで行い、レシートを印刷する機器とお金を保管しておく機器のみで使用するシンプルなものもある。

現在はごく小規模の飲食店を除くと、ほとんどの飲食店がこのPOSシステムを活用したレジを導入している。売り上げアップや業務円滑には欠かせないアイテムとなっているので飲食店開業の際にはどのようなPOSレジを導入するのかも一緒に検討すべきと言える。数十種類以上の飲食店用POSレジがあるため、お店の規模や店舗数などによってどんなものを導入するのかしっかり考えておこう。