飲食店でのプロダクトアウトとは

プロダクトアウトとは、作り手目線での販売戦略のことである。商品の企画開発から制作、販売まで、作り手の理論を重視する方法をとる。高度経済成長期における大量生産は、このプロダクトアウト的手法をとったやり方で成功したと言えるだろう。

飲食店であっても、このプロダクトアウト的方法を使うことはできる。作り手がいいと思うメニューを作り、作り手が作ったメニューを提供する、いわば顧客が受け身の店舗経営と言えるだろう。メニューがひとつしかない店舗や、こだわり型のラーメン店等がこのプロダクトアウト的経営の典型だと言えるだろう。

現代では、このプロダクトアウトに対し、顧客目線を重視する販売戦略である「マーケットイン」を重視する企業が増えている。プロダクトアウトは古い考え方で、マーケットインこそが真に求められる経営戦略だと考えている場合もある。しかし、このふたつの要素は本来対立する種類のものではない。マーケットイン的戦略である「消費者が求めている商品」を、作り手がプロダクトアウト的戦略に基づき作りうる最善の商品を制作し、提供することで双方を満たすことができる。つまり、プロダクトアウトとマーケットインは両立しうるものでもあるのだ。

飲食店の経営において、「売れるものだけ作る」という考え方は決して正解ではない。売れるもの、市場に求められているメニューを提供することは重要であるが、それだけでは顧客に飽きられてしまう可能性もある。数多ある飲食店との差別化を図るためには、顧客目線だけに縋っているだけでは不十分だ。本当に必要なのは、プロダクトアウトとマーケットインのバランスを叶えた店舗経営だと言えるだろう。