飲食店のスケルトン店舗とは

飲食業界における「スケルトン店舗」とは、店舗内の内装や設備などが全くない状態のこと。いわゆる居ぬき物件とは違い、以前店舗を借りていた人が使っていた設備や内装は撤去されている状態になる。新たに借りる人は1から設備を用意し、内装工事をしなければならない。反対に設備や内装が残されたまま借り出される店舗のことを「居ぬき物件」という。

スケルトン店舗は店舗を自由にレイアウトでき、インテリアも自分好みに自由にデザインできるというメリットがある。前の貸主が営業していたテナントのイメージとは全く違ったものになるので、居ぬき物件のように前のテナントのイメージに影響を受けることが無いというメリットもある。設備や内装が残ったままで、それを活かした店舗づくりをするとなるとどうしても制限ができてしまう。そのため理想の店づくりができないことがある。スケルトン店舗ならそういった心配はなくなるので自由度が高いと言える。

また、居ぬき物件とは違って、設備は本当に必要なものを選ぶことが可能となる。こういったメリットがあるため、初めて開業する場合はスケルトン店舗の方が良いと言われることも多い。予算に余裕がある場合は最新の設備やより良い店舗づくりに役立つ高機能の設備を用意することも可能となる。

その他にデメリットとして挙げられるのは、費用が高くかかることや時間がかかることである。1から設備を用意する必要があり、また工事などの費用もかかるため店舗づくりにかかる費用は高くなる。またスケルトン店舗だと内装工事や設備設置などにどうしても時間がかかる。そのため店舗を借りてから開業するまでの時間が居ぬき物件に比べて期間が長くなってしまう。しかし居ぬき物件でも、不要な設備が合ったり設備の修繕やそのままでは活用できず手を加える必要がある場合は、スケルトン店舗よりも費用が掛かってしまうことがある。

本来は床や壁などが張られていない、完全に何も手がついていない状態の店舗を「スケルトン店舗」と呼ぶ。しかし近年は床や壁は貼られているが、設備やその他の家具・内装が無いという状態でも「スケルトン店舗」と呼ぶことがある。管理する不動産会社によっても基準が違うため、店舗内の写真をチェックしたり、実際に空き店舗に出向いて確認しておく必要がある。

店舗を借りていて移転や閉業のために契約を辞める場合は、基本的には店舗を「スケルトン店舗」の状態にして返さなければならない。スケルトンに戻すためには撤去費用が掛かるため、設備を残して新しい借主にそのまま使ってもらうように交渉する場合も多い。