飲食店の店舗物件のサブリースとは

店舗を借りる際、耳にする言葉に「サブリース」というものがある。サブリースとは、建築物のオーナーから直接物件を借りるのではなく、サブリーサーと呼ばれる仲介役を挟んで物件の賃貸を行う形態のことである。サブリースの場合、建物のオーナーは一括貸し出しを行うために空室のリスクがなく、サブリーサーに管理を一任することで管理の必要がないために、相場より安い賃料で物件の貸し出しを行っている。

しかし、オーナーと借り手が直接対話をしたりすることは難しい場合も多く、設備等をそのまま置いての閉店=居抜き閉店にはハードルがある。それ以外にも、内装の売買等の話し合いが必要な場合も、サブリーサーを挟んで行うことになる。

また、よく聞かれるリース物件・サブリース物件には大きな差がある。リース物件とはもともと設備が貸主によって整えられた物件のこと。店舗開設のための工事費がおさえられる一方で、賃料が比較的高めであるために月々の支払いが必要になる。また、物件内の設備を自由に変更することはできない。店舗の内装等を変更したい場合には、オーナーと話し合う必要がある。

一方で、サブリース物件の場合、ある程度自由に内装等の変更が可能である。リース物件に比べ賃料が安く、店舗への投資が難しい場合にも借りやすいと言える。また、サブリース物件ではテナントを建物オーナーからサブリーサーが借りているため、部屋を借りる時点である程度の利益が見込めるかをチェックすることができる。サブリーサーがテナント部分のみを借り上げている場合には、立地や条件等がよく、利益が出やすいということになる。ビル全体を借り上げているケースはテナント周辺のリサーチを行うことをおすすめする。