飲食店のスーパーバイザーとは

スーパーバイザーとは運営に関するマネジメント業務をする役職のこと。SVと略される。エリアマネージャーなどとも呼ばれている。基本的には大手飲食店チェーンでなどの本社の人間が就く仕事であり、各店舗の店長よりも上の立場となる。店長からスーパーバイザーへと昇進することも多い。小さい飲食店や店舗が複数ある飲食店ではない場合は、スーパーバイザーの仕事は店長が兼任しているケースが多い。

スーパーバイザーの主な仕事は飲食店をマネジメントし、売り上げをアップさせることとなる。店長や店のスタッフなどと連絡やコミュニケーションを図ってどういった点を改善すれば売り上げがアップするのかを考えていく。基本的には本社で会議をして各店舗に情報を提供して経営計画を立てたり、店舗を巡回してどうすれば売り上げがアップできるのかを考えて実施するといったことを行っていく。

マネジメントとはいえ、ただ指示をするだけではない。商品や原材料などの発注に搬入といった雑務も仕事内容に含まれていることが多い。発注に関しては店長と話し合って店長に対して指導することなどもある。また、スタッフの教育や面接の立ち合い等も仕事内容の1つとなる。店舗への指示はもちろん、本部・本社で各店舗がどのような状態になっているのかを伝達する必要もある。日誌や報告書などを作成するなどの事務作業も行う。

トラブルが起きたときなどは各店舗から連絡が入り、店長では対応しきれないクレームやトラブルを処理するといった仕事も行う。スーパーバイザーは基本的には現場に出ることは無いが、忙しいときは業務の補助をすることもある。

このように、スーパーバイザーは店舗の売り上げアップに関する様々なことを行っていく職業である。中間管理職と言える職業であるため時には各店舗と本部との板挟みになってしまうこともあるだろう。また、複数店舗を担当している場合は業務が忙しく、残業ばかりになってしまうということもよくあると言われている。飲食店の規模にもよるが、場合によってはスーパーバイザーに対して「各店舗の売り上げを○○万にすること」といったノルマが課せられることもある。

上記のように様々な業務があり、スーパーバイザーは激務であると言われることも多い職業である。しかし飲食店においては非常に重要なポジションとなる。収入も飲食店業界の中では高い職種であり、その後昇格する可能性もあるため将来性が高いと言われている。