飲食店の造作費用とは

造作費用とは店舗にある「造作物」にかかる費用のことを指す。

造作物とは、物件に最初から設置されているものではなく、入居した人物が取り付けたもので取り外すことが可能なモノのことを言う。具体的にはテーブルやいすなどの家具、エアコンやカウンターなどの設備。厨房の設備やシンク、床や壁や天井、照明など様々である。

飲食店の場合は店舗を借りてすぐに営業できるというわけではない。様々な造作物を用意する必要がある。最初から何も造作物が無い店舗のことを「スケルトン店舗」という。基本的にはコンクリートがむき出しになっている状態であるため、床や壁、天井なども含めた造作費用がかかることになる。

一方である程度の造作物が最初からある店舗のことを「居抜き店舗」という。これは以前店舗に入居していた店がそのまま設備などを置いて退去している店舗のことを指す。居抜き店舗を活用すれば開業にかかる造作費用を抑えることが可能となる。そのため開業費用節約を目的として居抜き店舗で飲食店開業を考えているオーナーも多い。

不動産会社では飲食店の貸店舗の情報としてどんな造作物があるかという点や、造作費用がどのくらいかかるかという情報を記載している場合もある。

造作物は店舗を貸している大家や管理会社ではなく、入居してその造作物を設置した人物の資産と見なされる。そのため居抜き店舗で前の入居者が設置した造作物をそのまま利用したい場合は、「造作譲渡料」という費用を払う必要がある。しかしそれでも1から造作物を設置するためにかかる造作費用と比べると安くなるので、居抜き店舗は多くのオーナーに選ばれている。

中には造作譲渡料を0円にしている居抜き店舗もある。造作費用を節約したいと考えているのであれば、極力造作譲渡料が安い店舗を探すといいだろう。

スケルトン店舗と呼ばれる造作物が何もない状態の店舗を飲食店として使用する場合は、造作費用に1000万円以上かかると言われている。造作費用は開業費用の中でも非常に大きな割合を占める費用となる。

「設備などもしっかりこだわりたい」「費用は十分ある」という場合はスケルトン店舗で開業するといいだろう。しかしできるだけ開業費用を抑えて早く黒字経営にしたいと考えている場合は、造作費用をきちんと抑える工夫をしておくべきである。節約を考えているのであれば、居抜き店舗での開業が最適となる。

どんな飲食店にするのかをしっかりと考えたうえで賢く造作費用を節約していけるように心がけよう。